豊橋市で既存太陽光発電にシャープ全負荷型蓄電池6.5kWh設置

こんにちは 中神です。

豊橋市で2020年8月28日に竣工したシャープ6.5kWh蓄電池工事の紹介をします。2010年11月にシャープの太陽光発電5.94kWシステムを設置されていて2020年12月で48円の売電の固定買取が終了が決まっていて売電単価が大幅に下がることになります。それであれば余った電気を蓄電池にためて自家消費することによって有効活用することを考えられていました。
タイミングよく国からの補助金や豊橋市からの補助金もあったため後押しとなり蓄電池を導入していただきました。
蓄電池の容量の選定は売電量は多くありましたが買っている電気が月々約7,000円でしたので余った電気を高い電気単価に充当する最適な6.5kWhの蓄電池にし、停電時は操作不要で自動切替の全負荷タイプにしました。
停電の時、全負荷タイプは自動切替のためモニターでの操作や分電盤での切替操作はないので煩わしさがありません。
停電の時、太陽光発電を設置されている方はで非常時に使用できる自立用コンセントを使用するためにはモニターで切替をしたりということが必要ですが全負荷タイプの蓄電池はその必要もありません。
豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh本体設置前写真
設置前(蓄電池本体)
シャープの蓄電池の場合、蓄電池の設置場所は屋外か屋内を選択できます。
浸水が心配な場合は屋内設置にしたほうがいいかもしれません。基本的に地上から30センチ程度の浸水であれば屋外でも問題ないので水が溜まりやすい場所でない限り
屋外でも問題ありません。


豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh本体設置後写真
設置後(蓄電池本体)
シャープ6.5kWh蓄電池
2020年1月に発売された蓄電池です
簡易基礎での設置でコンクリート基礎工事は不要です。エアコンなどの室外機を設置するのと同じ考えです。
蓄電池本体は、熱を発生することはありませんが動作温度が-10℃~40℃のため
直接陽があたらない北側に設置するのが最適です。また、地域で冬場の温度が極端に低くなる場合は屋外より屋内設置を選択したほうがいいでしょう。
基本的に愛知県の気温では屋外設置で問題ございません。
豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh本体筐体内部写真
施工中①(蓄電池本体)
シャープの蓄電池は、組み立て式になります。筐体の中は何もない状態です。
豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh本体内部蓄電池モジュール
施工中②(蓄電池本体)
6.5kWh蓄電池の場合
構成として3.25kWhの蓄電池を2台で6.5kWhとなります。
シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh本体筐体内部蓄電池モジュール結線施工中写真
施工中③(蓄電池本体)
蓄電池配線は、メーカーで用意されたものなので誰がおこなっても同じようになるよう
設計されています。

シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh蓄電池連携型パワコン取替前写真
設置前(パワーコンディショナ)
太陽光用パワーコンディショナを太陽光+蓄電池の両方対応するパワーコンディショナに
変更します。
シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh蓄電池連携型パワコン取替後写真
設置後(パワーコンディショナ)
今回は元々設置されていたパワーコンディショナの型が同じのため取替後も同じようにみえます。
右側には蓄電池コンバータを設置します。
蓄電池コンバータから蓄電池本体へ配管を通し配線します。この距離が20M以内と制限がありますので蓄電池の設置場所は注意が必要です。
全負荷タイプを設置する場合はこの方式をとります。特定負荷型の場合は蓄電池コンバータはパワーコンディショナ一体型になるため不要です。

豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh設置前分電盤まわり写真
設置前(分電盤周辺)
現在ある分電盤の状況
基本的に太陽光発電のみであればこのような状況です。
豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh分電盤まわり設置後写真全負荷自動切替盤付
設置後①(分電盤周辺)
蓄電池に必要なブレーカー類を設置するスペースが必要です。
豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWh分電盤まわり設置後写真全負荷自動切替盤付
設置後②(分電盤周辺)
今回は横に取付スペースがあり横並びですが、スペースがない場合分電盤本体の下に設置することがあります。
一番左にあるのが停電時の自動切替盤になります。何か操作するということはありません。停電時には自動で蓄電池側からの電気を送るよう切替ます。
豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWhモニター設置前写真JH-RWL2
設置前(表示モニター)
2010年の太陽光モニター
シャープのJH-RWL2
このモニターは蓄電池に対応していないため
取替をします。
豊橋市シャープ全負荷型蓄電池6.5kWhモニター設置前写真JH-RWL7Z
設置後(表示モニター)
蓄電池対応のモニターは液晶タッチ式で大きな画面なり見やすいです。
①発電状況
②蓄電池放電状況
③消費電力
④電気を買電中か売電中か
この四つの項目がリアルタイムで表示されます。太陽光発電のみの場合と比べて増えた項目は蓄電池の放電状況です。


以上、シャープ全負荷型タイプ蓄電池6.5kWhの施工レポートです。