折板屋根工法(屋根下施工)

鉄骨造の倉庫、車庫などの折板屋根・大波スレート屋根に設置する工法です。

専用金具を梁にはさみ込んで取付します。

この金具が支持する点となるので緩みがないように取付します。

屋内での作業ができない場所などは設置出来ません。

【STEP1】

SSSS
墨出しをして支持金具の取付位置を決めます。

支持金具は梁に抱き合わせて取付をするので、梁の位置に限定されます。

【STEP2】

SSSSSS
折板屋根の山になっている所に穴をあけ、梁の支持金具を固定し、屋根下からアンカーボルトを屋根上へ突き出します。

スポンジ付の押え板でしっかり密着させて固定します。

屋根材とアンカーボルトの廻りの防水処理をします。

【STEP3】

SS
縦レール(10°傾斜用)を置き、固定します。

不陸がある場合には、レベルプレートで水平になるように調整します。

【STEP4】

SSS
太陽電池のアルミフレーム部分につめをひっかけて、太陽電池を固定します。

しっかりひっかけていないと強度不足となります。

最後に結線をして完成です。