CK工法

瓦を外す事が出来ない屋根や、カバー工法で葺いた屋根などに設置する工法です。

取付専用部材がなくて設置出来なかった屋根でも設置できる可能性があります。

CK工法金具は専用のエポキシ材(硬化剤)で固めて取付します。

金具の強度がしっかりと確保できるまで、時間をおいて架台の取付をします。

【STEP1】

AAAAA
墨出しをして支持点となる支持金具の取付位置を決めます。

支持金具の位置にブチルシートをはりつけます。

ブチルシートによって屋根材との間に防水処理ができます。

【STEP2】

BBBBB
ブチルシートの上に支持金具をおきます。

支持金具の内部にまでいきわたるようにエポキシ剤(硬化剤)を注入します。

【STEP3】

CCC
支持金具にビスをうって固定します。

エポキシ材(硬化剤)の強度がしっかりと確保できるよう固まるまで、1日以上時間をおきます。

【STEP4】

DDDDD
縦レールを固定し、太陽電池パネルに合わせて横レールを固定します。

【STEP5】

EEEEE
太陽電池を固定し、結線をして完成です。