折板屋根工法(屋根上施工)

鉄骨造の住宅、倉庫、車庫、工場などの折板屋根に設置する工法です。

屋根上での工事になるので、屋内作業ができない所でも取付できます。

重ね折板やはぜ式折板でも専用の取付金具があります。

【STEP1】

A
墨出しをして支持金具の取付位置を決めます。

強度を確保するために取付位置は梁にタイトフレームがついている箇所に限定されます。

【STEP2】

B
支持金具を固定する前にシリコンコーキングを塗布します。

シリコンコーキングする事で、支持金具と屋根材の防水処理をします。

【STEP3】

C
支持金具を屋根材に置きます。

ズレてしまうと、強度が基準より低くなってしまう可能性があります。

ビスで固定するときは、支持金具をしっかり押さえつけて、ズレないようにします。

【STEP4】

D
縦レール(10°傾斜用)を置き、固定します。

不陸がある場合には、レベルプレートで水平になるように調整します。

【STEP5】

E
太陽電池のアルミフレーム部分につめをひっかけて、太陽電池を固定します。

しっかりひっかけていないと強度不足となります。

最後に結線をして完成です。