YR陸屋根工法

RC造の住宅・マンションの屋上に設置する工法です。

アンカーボルトを埋め込んで専用のエポキシ材(硬化剤)で固めて取付します。

アンカーボルトが固まり強度がしっかりと確保できるまで、時間をおいて架台の取付をします。

【STEP1】

1image12
墨出しをして支持点となるアンカーボルトの位置を決めます。

アンカーボルトを取付するため、コンクリート屋根材に穴をあけます。

穴をあけた所に粉塵がないようにきれいにします。

【STEP2】補強板の取付

2image24
メーカー支給の土台ブロックをアンカーボルトの位置に置きます。

土台ブロックの裏側にはブチルシートが付いているのでシートをはがして取付します。

ブチルシートによって屋根材との間に防水処理ができます。

【STEP3】支持瓦の取付

3image32
専用のエポキシ材(硬化剤)を注入してアンカーボルトを穴をあけた深さまでいれます。

強度がしっかりと確保できるよう固まるまで、1日以上時間をおきます。

【STEP4】太陽電池の固定準備

4image71
アンカーボルトがしっかり固まったら、土台ブロックの上に架台のアーム(脚)をナットで固定します。

縦レール、横レールの順番に架台を取付します。

不陸がある場合には、レベルプレートで水平になるように調整します。

【STEP5】完成

5image8
太陽電池を固定し、結線をして完成です。