太陽光発電ブログ

豊橋市ティージー㈱ショールームで8/30~9/4『防災フェア』開催

2021年8月24日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは 中神です。

長雨が続いていましたがようやく晴れ間がみえてきました。ここ2週間は豊橋市でも日照時間がほとんどない状態でした。全国でも同じような状況が多く8月でこのような天候が続くことは通年では起こっていないのでいつどこで経験したことのない自然災害が起こることを肝にめいじないといけないですね。
長雨によって豊川市では突風被害や冠水被害などがみられました。
どこでも事前に備えが必要となってくる時代です。

8月の長雨が終わり暑さもぶりかえしているところではありますが次は台風による事前の準備が必要になります。
9月は、日本に上陸する台風の数が多い時期です。
台風が遠い場所にあっても台風による突風の被害なども考えられます。まさに8月9日の豊川市での突風は、豊川市とは遠く離れていた台風の影響での突風が発生したといわれています。それによって停電も多く発生しました。

自然災害発生時は、停電がつきものです。
・暴風によって倒木などで電柱が倒れたり、電線が切れることでの停電
・積乱雲が発生し大雨や雷によっての停電

停電対策はもちろん防災に関するイベントを開催します。
お話だけでも構いません。ぜひご来場ください。
感染症が心配という方は、電話やメール、LINEでのやりとりも可能です。
最近ではLINEでのやりとりも多くなってきました。
どのような形でも結構ですのでご相談ください。

ティージー株式会社では災害対策として8月30日(月)~9月4日(土)まで本社ショールームにて『防災フェア』を開催します。
停電対策としてメーカーによる太陽光発電や蓄電池のセミナーも開催します。
セミナーは9月1日(水)と9月4日(土)の2日間
午前の部AM10:00~  午後の部PM1:00~

開催場所:ティージー株式会社本社ショールーム
     豊橋市牛川通3丁目13-3 TEL0120-200-207








f39d79a919b5ece1fc1dc9212fdc3ad4
790db8052e5de38a48db15cd3a729fa8

太陽光発電と季節

2021年8月5日|カテゴリー「太陽光トピック

皆さん、こんにちは!
受付スタッフの中山です


太陽光発電は季節によって大きく変化します。
では、季節によってどう違うのでしょうか?


(3月~5月)
春は次第に日照時間が増えていくので太陽光発電の売電量も増えます。
春は、雲が少ないので秋と比べると売電量が多いです!

(6月~8月)
ご存知の通り、一番稼げる季節です!
日照時間が一番長いですが、梅雨に入ると売電量が下がります。
最近の夏はとても蒸し暑いので長い時間エアコンを使ってしまいがち
これが売電量に響いてしまう恐れが、、 

(9月~11月)
だんだん日照時間が少なくなりますが、
日差しが強いため思った以上に売電量をキープすることができます。
秋が深まれば減っていきますがエアコンも使わなくなるので大きな変動はありません

(12月~2月)
冬は一番売電量が落ち込む季節です。
このような状況は仕方ないので、電気代の節約をしましょう!

b88e93ba350bbdb8bc49f42936a25b92


このように太陽光は季節によって
ばらつきがあるので
1年間を通しての平均額で売電量を
考えることがとても大切です

有効に活用し、売電量を増やしていきましょう

scroll-to-top