太陽光発電ブログ

新城市 野立て太陽光設置のため牛舎解体が始まりました

2020年3月31日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは 中神です。

新型コロナウィルスの感染症を広げないための措置として
愛知県内でも多くのイベントが中止となっています。
お客様の健康を考えティージー株式会社でもお客様の来場の多い
5月に開催する春の感謝祭を中止としました。
一刻も早く終息することを望みます。
さて今回の工事は牛舎解体工事です。
オーナー様は現在、牛舎を使用しておらず土地の有効活用として
牛舎を解体して野立て太陽光発電を設置することとなりました。


IMG_1579
新城市で野立て太陽光発電システム設置するにあたっての
牛舎解体工事が始まりました。
IMG_89121
解体する前に一旦、牛舎内にあるものを撤去します。

IMG_5276
今回は、牛舎の中にあるものもすべて撤去するということで
仕分けはせずにおおかた不要なものは撤去しました。
IMG_5298
まずは元々トイレがあった建物を解体しました。


IMG_5300
牛舎の器具置き場として使用していた建物を解体しています。メインとなる牛舎の他に建物は数カ所あります。
次回進捗状況をレポートします。

新城市 太陽光防草シート設置から半年後はどうなってる

2020年3月30日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは 中神です。

新城市で野立て太陽光発電の草対策として防草シートを
2019年9月に設置完了しました。
防草シートは谷口産業さんのC-3という商品です。

あれから半年が経過した場合はどうなっているのかご紹介します。



ebcb615d2fc332a649f6e7323c0ccdc6
2019年9月
野立て太陽光と防草シート完成時写真(南側から撮影)


6645adb61b2527d9945c08ed220bba62
2019年9月
野立て太陽光と防草シート完成時写真(北側から撮影)
3c072f0573eada1da7d66ff063c2cbc8
設置から半年後の2020年3月
野立て太陽光と防草シート写真(南側から撮影)

外周フェンスの外側は草が生えてきてフェンスに侵入
していますが防草シートは見た目ではほとんど
変わりはないです。


948c87e879311f5afb5bad8b59151e3b
設置から半年後の2020年3月
野立て太陽光と防草シート写真(北側から撮影)

61e4ad84993d9c6f4add525c76f7e62f
防草シートのメーカー耐久年数は10年です。
太陽光パネルの空きスペースは雨や直射日光が
あたっていますが状態はきれいです。



316bc366db89b0988d163cd6ef370dea
太陽光パネルの下は雨や直射日光があたる頻度が
少ないので半年経過しても状態は変わらないです。
ebb684021c4b4d90f48084f6c42465a8
隣の土地の草が高くなっています。
防草シートがなければフェンスの高さである
1M20センチぐらいまでになるため
計算上半年に1回は草刈りをしないといけない
ことになります。
草刈りの手間をできるだけ少なくすることが
できるのが防草シートです。
ab8bc6b1b7f71fccd4cbfe0e39eefbfa
配管まわりに草が生えてしまっているところが
1カ所ありました。テープなどで空いたスペース
を埋めて対処していましたが草は強いので少しの隙間から
草がのびています。
今回は草の生えている量が微量だったため
この草をとらずに1年経過した場合にどうなるか
検証していきたいと思います。

豊橋市で卒FITの方は蓄電池で電気を買わない生活へシフト

2020年3月24日|カテゴリー「蓄電池トピック
こんにちは 中神です。

全国津々浦々、太陽光発電は設置されています。
その中でも豊橋市の太陽光発電を設置されている方も多いです。
そしてその多くが卒FITです。

2009年11月から太陽光発電を設置された方はで余った電気を
1kWh48円で10年間固定で買取してもらうのが国が決めた制度でした。
その制度をFITといい、それが終わる=卒業するとなって
卒FITと呼ばれています。
現在が2020年3月なので制度開始から10年をこえています。

卒FITの方の売電は1kWh約8円程度となっています。
売る電気を約10,000円であった方は、約1,600円となって
大幅に下がっています。

電気を売ることでのメリットが少なくなってしまいましたので
売る電気を蓄電池にためて電気代削減へかえていきましょう。
買う電気は夜間の安い時間帯でも16円程度で売る電気の2倍です。

日中の時間帯は約28円程度、平日のAM10時~PM5時までは
約38円と高額なのでこの時間帯にためた電気を使用することで
電気代削減はぐんと増えます。

これから電気代の値上がりがあれば値上がり対策にもなります。
実際に10年前の電気代と現在では1kWh5円程度上がっています。
電気を買うことがもったいない時代になる前に
電気を極力買わない生活にシフトチェンジしましょう。
※買う電気は中部電力スマートライフプラン参考








豊川市店舗のシャープ COCORO ENERGY(ココロエナジー)について

2020年3月23日|カテゴリー「太陽光トピック
電力モニタ
こんにちは!受付事務スタッフの穂浪です

MADOショップ豊川南大通店に設置してある電力モニタを見てみたら今日が設置してから4年経ったという表示を見つけましたということは今日が4歳のお誕生日ですね

設置して今まで発電した電力が28834kWhです!別のスタッフが豊川店の実発電量レポートをブログに投稿してました 
 ⇒豊川市店舗 気になる太陽光発電の実発電量レポート

このブログにも書いてありましたがシミュレーションで予想した発電量より実際に発電した量が多かったとあります

区切りの日でこうやって数値化して見れるのは面白いですね!来年はどれぐらい発電出来ているのか楽しみです

COCORO ENERGY(ココロエナジー)

さて、今回紹介するのは『COCORO ENERGY』(ココロエナジー)についてです
私が投稿した11月のブログで「COCOR+」(ココロプラス)についてはお話しました
忘れてしまった方は下のリンクからページに飛べますので
前回の投稿を見てから今回のブログを読んでいただきたいです
  ⇒COCORO+(ココロプラス)について

このCOCORO ENERGY(ココロエナジー)はもともと「クラウドHEMSサービス」として使われていましたが
2019年7月31日より名称が変わりました!なので基本的にはクラウドHEMSサービスと変わらないです

元々クラウドHEMSサービス単体だったものがCOCORO+(ココロプラス)のサービスに入ることで
他にもあるCOCORO KITCHEN(ココロキッチン)やCOCORO WASH(ココロウォッシュ)など他にもたくさんありますが、そういったサービスを利用しやすくなりました

ここで一つ注意点がこのCOCOROENERGYを利用する為には
「クラウド連携エネルギーコントローラー」の設置と「COCORO MEMBERS(ココロメンバーズ)」の加入が
必須条件ですのでご注意く下さい

ここからはCOCORO ENERGYの3つのポイントについて紹介していきたいと思います

発電状況をどこでも確認できる!

COCOROENERGY
前回の投稿で蓄電池Webモニタリングサービスは太陽光発電システムWebモニタリングサービスと違って外出先で蓄電池にどれだけ電力が溜まったかなどのリアルタイムで確認が出来ないとお伝えしましたが、このCOCOROENERGYを使えば蓄電池だけでなく発電量や消費量まで外出先で確認することが出来ます

また、電気代が目標値を超えたら知らせてくれる機能もあります!これを使えば節電意識も高まりますね

外出先で機械を遠隔操作!

遠隔操作
こちらの機能は登録したエアコンや電動シャッター、給湯器、電気錠などを遠隔でON・OFFが出来る機能です

なので帰宅する時間を逆算してエアコンをつけておけば家に帰ったら快適な空間が出来上がってます
右の写真はMADOショップ豊川南大通店のエアコン操作画面です!本社から遠隔で付けたり消したりすることが出来ました!

遠隔で操作できるためエアコンの消し忘れや玄関の鍵のかけ忘れがあっても大丈夫です

AIでかしこく節電!

77f3e8fcd23e168191656f023a5035ac_s
せっかく設置した蓄電池も、もったいない使い方をしていたりいざという時の災害で上手く機能しないと困りますよね
でも、かしこい使い方ってなに?って思っている方いるかと思います!そんな時に助けてくれるのがAIです
このCOCOROENERGYはAIを取り入れています!なのでその家の電気の使い方に合わせて電気を貯めたりしてくれるんです
さらに、次の日は「家にいるか・いないか」「天気は晴れか・雨か」など使う電力や発電できる電力を予測し、有効活用してくれるのです!

また、台風などの災害時には停電に備えて蓄電池に電力を貯めてくれたり、遠隔設定していれば電動シャッターを自動で閉めてくれたりと、ほんとうに賢いです
以上がCOCORO ENERGY(ココロエナジーの3つのポイント紹介になります

遠隔で色んな機機械を操作できるのは驚きでした!
これだけ便利だと外出先ではなく家の中にいても使えそうですね


4回に渡って太陽光発電システムと蓄電池の便利なサービスについて紹介してきました
気になるサービスや太陽光発電システム、蓄電池で聞きたいことがありましたら
お気軽にメール、電話またはご来店お待ちしております

豊川市店舗に設置してある蓄電池のモニタリングサービスについて

2020年3月18日|カテゴリー「蓄電池トピック
7c1ea7eb5c44d07dcd6d4fbeeca73d30_s

こんにちは!受付スタッフの穂浪です

誰も興味ないと思いますが今日はお父さんの誕生日です
家に帰ったらケーキがあるって思うと今からおなかが減ってきました

いちごがたくさん乗っているケーキにしたそうです
この時期はいちごが旬ですね!去年はいちご狩り行きましたけど今年は行けてないので行けたら行きたいです


さて、本題に入ります!前回までは太陽光発電システムのWebモニタリングサービスについてお話しました
今回は蓄電池Webモニタリングサービスについて紹介していきたいと思います

蓄電池Webモニタリングサービス

蓄電池

蓄電池のモニタリングサービスも基本的には太陽光発電システムと変わりはないです!専門知識を持った責任者がモニタリングし、もし異常が見つかれば連絡をいれて対応する流れになります

蓄電池Webモニタリングサービスも10年(無償)または15年(有償)の長期保証に加入することが条件になりますこの点も太陽光発電システムのモニタリングサービスと変わりはありません

太陽光発電システムのWebモニタリングサービスと違う点は専用のWebページがなく、一ヵ月ごとに出る「診断レポート」が無い点です
なので外出先で「蓄電池にどれだけ電力溜まっているかな!」と確認することが出来ません!設置してある電力モニタを使えば確認は可能です

この点が太陽光発電システムのWebモニタリングサービスとの違いです
以上が蓄電池Webモニタリングサービスになります

蓄電池は本体から音が出たりしないですし、中を簡単に確認できるような製品ではないので
専門知識を持った人にモニタリングをして対応してもらうのが一番です

MADOショップ豊川南大通店に設置してある蓄電池は展示の為に室内に設置してありますが
普通なら屋外設置の為、なにが起こるか分かりません

ですので太陽光発電システムと蓄電池のWebモニタリングサービスに加入して
繊細な機械ですのでスペシャリストに見てもらうのが一番です

次回は『COCOROENERGY』(ココロエナジー)について紹介していきますのでお楽しみに
scroll-to-top