太陽光発電ブログ

シャープ大容量9.5kwhの住宅用クラウド用蓄電池システムが発売されました♩

2020年12月26日|カテゴリー「太陽光トピック
2020→2021
皆さんこんにちは
受付スタッフの高木です

早いもので、もう少しで
今年も終わろうとしていますね

こうして振り返るとこの1年はあっという間で大変な年だったと思います

この時期は体調を崩しやすい時期なので
皆さん体調管理に気を付けて下さい

新たな気持ちで新年を迎えることが出来る様に今から出来ることをしていきたいです

まず、ティージーの12月の定休日と年末年始のお休みについての
ご案内をさせて頂きます

12/5 (土) 定休日
12/6 (日) 定休日
12/12(土) 営業日
12/13(日) 定休日
12/19(土) 定休日
12/20(日) 定休日
12/26(土) 営業日
12/27(日) 定休日
2020年12月30日(水)~2021年1月4日(月) 年末年始休業

年末年始休業は12月30日(水)からとなっています。
休業中は電話やメールでのお問い合わせ対応が出来ませんのでご了承ください

1月5日(火)から営業させて頂きますので宜しくお願い致します。

~9.5kwh蓄電池システムが発売~

シャープ新商品9.5kwh蓄電池システム
今回SHARPから新しいシステムの蓄電池が発売されました

従来の蓄電池と異なる点が3点あります

①蓄電池の容量が8.4kwh→9.5kwhに増量
*自家消費率が向上し、長期の停電時も安心して過ごすことが出来ます

②災害時などの浸水時にも強い蓄電池
*万が一浸水したとしても、内部に水が入りにくい
設計になっているので水が浸入するリスクが低くなります

③自家消費率や、停電時の使用時間のめやすが表示されるから安心
*モニターに表示されることで、蓄電池を使用するめやすに出来ます


もし、新製品の9.5kwhシステムの蓄電池が気になるお客様がいらっしゃいましたら、
一度ティージーにお問い合わせ・ご来店お待ちしております

withコロナ時代に重要なサービス『COCORO ENERGY』について

2020年12月14日|カテゴリー「太陽光トピック
大掃除
皆さんこんにちは
受付スタッフの高木です

12月は、年末年始に向けて忙しくなりますね
クリスマス・年末の大掃除など色々と忙しいですよね

私達の会社も年末に大掃除をします
1年間の溜まった汚れを綺麗にして新しく
新年を迎えたいですね

家の掃除もあるので計画的に進めて行きたいと思います

COCORO ENERGYについて

本日は、COCORO ENERGYについてご紹介したいと思います

COCORO ENERGYとは…SHARPで独自開発したAIがお客様の
ライフスタイルに寄り添い、最適なエネルギーマネジメントを実現するサービスです。

コロナの影響で家にいることが多くなった現在だからこそ賢く電気を使う必要があります
シャープCOCOROENERGYココロエナジーHEMS

COCORO ENERGYが提供しているサービスは4点あります

①電力見える化
*コロナの影響で在宅ワーク・リモートワークが増えてきて、以前よりも消費電力は1割程度増加しています。
電気の消費量を確認することが出来ることで、電気の使い過ぎを防ぐことが出来ます

②エネルギーマネジメント
*独自のAIが蓄電池の複雑なエネルギーマネジメントを自動で制御してくれます
災害時に停電してしまった時も蓄電池を自動充電・電動シャッター自動操作など
緊急時に備えてお客様にとって安心の機能がついています。
また、雷注意報に連動もしています

③住宅機器連携
*住宅機器と連携することで、日々の生活が便利なものになります
帰宅後にすぐにお風呂に入ることが出来る、鍵の施錠も安心
災害時にも備えることが出来るし、複数の機器を一括操作することが出来ます

④COCORO ENERGYモニタリング
COCORO ENERGYモニタリングはシステムを監視し、
異常があった時は、そのまま修理申し込みをすることが出来ます
異常が発生したらすぐに確認出来るのは安心するし、便利ですよね

もし、少しでもCOCORO ENERGYが気になるお客様がいらっしゃいましたら、
一度ティージーにお問い合わせ・ご来店お待ちしております

太陽光発電の固定買取制度満了後は新たな売電先へ

2020年12月4日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは 中神です。

私も以前1回のったことがある12月の豊橋名物『おでん車』がスタートし、今年も残すところあとわずかになりました。今年は、コロナ禍で社会が変わった年だと感じます。流行語となった三密や外出自粛、新しい生活様式、リモートワーク、マスク、手洗い消毒などなどあげればきりがないほどです。

このようなことが今の社会では当たり前となっていることであり、1年前では絶対に想像できませんでした。しかし社会は適応するために変えることができる証明にもなった年でもあります。


さて住宅用太陽光発電システムを設置して10年以上経過している方は、変えることができます。余剰電力の固定買取制度は10年となっており、それを過ぎると余剰電力いわゆる『売電』は、大幅に下がります。

何も手続きをしなければ7円で電力会社に売る形になります。しかし、手続きをすれば10円程度の売電単価に変更することが可能です。10年を満了した方の売電先を選ぶのは自由となります。

年間3,000kWhの売電をされている方は、年間9,000円の差となります。そして自由契約となっているので売電単価が高い売電先があればその都度のりかえることができます。スイッチング方式となるため現在、契約している売電先に解約手続きは不要で新しい売電先に契約をすることだけでいいのです。

丸紅ソーラートレーディングの場合
中部電力管轄シャーププラン 売電単価10円/kWh 
※太陽光発電メーカーは問いません。
※費用はかかりません。
※必須の記入事項がございます。
丸紅ソーラートレーディング申込QRコード
scroll-to-top