太陽光発電ブログ

半年間の発電量☀ 2019年1月~6月

2019年6月29日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは!
受付スタッフの神藤です

2019年になって、もう半年が経とうとしています

時間が経つのはあっという間ですね

今日は、ティージー株式会社にある、住宅用太陽光発電システム5.99kwの1月~6月までの発電量を発表したいと思います

IMG_6990
【2019年1月】
IMG_6989
【2019年2月】
IMG_6988
【2019年3月】
IMG_6987
【2019年4月】
IMG_6986
【2019年5月】
IMG_69851
【2019年6月】
IMG_6991
2019年1月~6月までのグラフです!

グラフを見ると5月がいちばん発電しています

太陽光発電は、日照時間によって発電量は変動するので日照時間の少ない梅雨や冬の時期は発電量が少なくなってしまいます。

夏は日照時間も長く、たくさん発電すると思いがちですが、ソーラーパネルが高温になることから、発電量は少なくなってしまいます。

そのため、最も発電効率が良く、発電量が多くなるのは3月~5月の春から初夏の時期だそうです

今回は1月~6月までの発電量のグラフを載せましたが、またの機会で7月~12月までの発電量のグラフも載せたいと思います

今回のブログに取り上げた発電量は、住宅用太陽光発電システム5.99kwの結果です

是非参考にしてみて下さい



雨の多くなる日々だからこそモニターチェックをしましょう♬

2019年6月28日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは 中神です。

台風3号が過ぎ去り今日は曇りですが
6月29日以降は梅雨前線の影響で
雨の予想がずっと続きます。

太陽光発電システムを設置されている方は発電量が減ってしまうので
早く梅雨があけて好天の日がくるのが待ち遠しくなりますね。

そんな雨続きの日でもエラーチェックや発電量のチェックをしましょう。
雨の影響で発電量が減っているのか、パワーコンディショナのエラーで減っているのか。
雨の日は発電しないといわれると、パワーコンディショナのエラーを疑います。
雨天でも日中であれば発電をします。その発電量は少ないかもしれませんが
日中0ということはほとんどないでしょう。

モニターにエラー表示がある場合とエラー表示がない場合があります。
ある場合はわかりやすいとは思いますがエラー表示がない場合は
自動停止中などの表示になり発電が0と表示されます。
夜間は発電していないのでこの状態になるのですが、日中、発電している時間帯であるのに
自動停止中の表示はエラーになるので少しわかりにくいです。
モニター表示がわからず心配であれば点検をおすすめします。
早めの対応が大事となりますので雨の日だからこそ
太陽光発電のモニターのチェックをしましょう♬








夜間の停電や災害に対応、経済的効果も蓄電池システム

2019年6月27日|カテゴリー「蓄電池トピック
こんにちは、スタッフの兵動ですm(__)m

皆さんは、近年の異常気象などの大型台風や電力不足による停電
少なからず、体感していることがあるかと思います

そして、近年では新築住宅に太陽光パネルが設置することが標準化しています
太陽光パネルだけだと日中は、発電しているので電気を使うことが出来ますが
やはり、夜間は使うことが出来ません

そこで、蓄電池言われるシステムを導入することで
停電時の夜間でも電気を使うことが出来ます
通常時でも太陽光発電を手助け、電力会社からの買電を抑えることが出来
経済的メリットが大きく出ます
太陽光発電と蓄電池システム流れ
太陽光発電を新規で導入する方も、
以前から太陽光発電があり蓄電池を導入する場合でも
比較的にも導入には簡単にできます

問題となるとすれば、申請に非常に時間がかかるものです
もし、蓄電池の導入等を検討されている方は早めの行動をおすすめします

地上設置の太陽光発電システムについて

2019年6月27日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは 中神です。

地上設置の太陽光発電システムは街を見渡せば
よく目にする機会が増えたのではないでしょうか。

主に全量買取の太陽光発電システムとなるため
国が年度ごとに売電単価を決め、
年度によっては申請したとき、現在では認定許可をされた時の
年度によって単価が決まり20年間という固定買取制度の適用が
できるようになります。

そんな中、2020年には固定買取制度をなくし入札制度にして
国が主導して固定で買い取る制度を見直すことが濃厚です。
50kW未満の低圧と言われる太陽光発電システムについては
対象となるかどうかはわからないため、法改正に向けた議論に
注目していきたいと思います。

現状決まっているのは 2019年度の太陽光発電システムの
固定買取制度単価です。
①10kW未満の太陽光発電 24円(税込) 10年間
②10kW以上の太陽光発電 14円(税別) 20年間

10kW以上の太陽発電システムを検討されている方は
今年度がラストチャンスとなるでしょう。

売電単価が安くなったからメリットはないのではとお客様から
言われるケースが多くなりました。
売電単価が安くてもイニシャルコストをどれだけ下げられるか。
また、太陽光発電の場合は設置場所の面積、設置環境状況など
条件がそろえば前年並みまたはそれ以上にメリットのでるところは
ございます。ただその間口が小さくなった印象は大きいです。
太陽光発電の申請締め切りは通常11月前後と早くなっていますので
この6月、7月で設計等を行わないと間に合わなくるケースがあります。
またまた、設置可能かどうか各自治体の確認も必要のため
検討されている方は、早めの相談をおすすめします。
活用できていない土地をお持ちの方は、その土地が何か活用できる土地なのか
畑など、耕作しかできない土地なのかを知っておくだけでもいいと思います。


太陽光発電の台風被害を想定しましょう♬

2019年6月26日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは 中神です。


西日本では水不足のニュースが多く雨がなかなか降らない、
少し異常な気象です。
東海地方でもやっと明日から梅雨本番といったところでしょうか。
直近では、台風も接近する可能性もでてきております。
これからの時代は梅雨+台風のダブルで考えないといけないですね。

太陽光発電システムを設置されている方は、台風後は屋根上を
目視でも確認することをおすすめします。
万が一、太陽光パネルが割れていることがあれば発電が停止している
ケースがありますので早めの発見をすることが大事です。


IMG_9449
飛来物で太陽光パネルの割れ写真です。
少し茶色くなっているところに衝撃が加わり割れています。
この状態であると発電もされない太陽光パネルになってしまいます。
表面は強化ガラスで保護されているため、性能上
割れてもクモの巣状になります。強化ガラスは全体面にかかる
衝撃には強いですが石など形が異形なものに対しての衝撃には弱くなってしまいます。
そこでクモの巣状になることですぐに屋根上から落下するのを防いでいます。
しかし時間が経てば粉々になったガラスが落ちる
危険性がありますので割れた太陽光パネルは早めの発見が大事です。



IMG_0406-1
太陽光パネルの交換は1枚から交換ができます。
今回も割れた太陽光パネルは1枚のため1枚を交換しました。
10年以上前に設置された方は同じ太陽光パネルはほとんどないため
代替品での対応となります。交換した太陽光パネルは
どちらかというと明るめの色あいになります。
発電自体にはなんの問題はございませんのでご安心ください。
太陽光発電システムを設置されている方は台風後に被害があるかもしれませんで
太陽光パネルが割れているかもしれないとういことを想定しておきましょう。


scroll-to-top