豊田市でネクストエナジーiedenchi9.8kWh全負荷型蓄電池工事

こんにちは 中神です。

豊田市でネクストエナジー製9.8kWhの全負荷型蓄電池工事をしました。
本体を据え付ける土台であるコンクリート基礎工事を事前にしておいたので1日で工事は完了しました。
既設太陽光発電は三菱ですが基本的に分電盤内でのブレーカー結線がメインであるので
ほとんどの太陽光メーカーに併設できます。
そして今回は太陽光発電システムの保証10年が満了していいためリボーン補償で太陽光発電システムの保証を5年延長しました。
メーカーであるネクストエナジーアンドリソースのオプションです。太陽光の保証も延長されるので安心です。
iedenchi9.8kWhの保証は設置後10年間です。



IMG_5034
コンクリート基礎と蓄電池本体を固定するためのアンカーボルトを4本打ち込みます。

IMG_5038
メーカーが指定した寸法どおり位置を出さないと蓄電池が据付ができないので寸法を確認します。

IMG_5043
蓄電池本体は配送業者さんが運搬、据付を行います。本体が195kGあるので今回は台車を使って据付場所にもっていきました。基本的には2人作業です。
IMG_5045
台車から降ろして据付をします。
この時にアンカーボルトの寸法を間違えてしまうと据付できなくなります。
据付完了まで10分程度で完了しました。
IMG_5050
蓄電池本体の位置を決めてナットで固定します。
IMG_5056-e1583493013232
配線工事はありますが据付は完了です。
IMG_5060
蓄電池の側面のカバーを外して配線作業をします。
IMG_5070
配線は作業は入線口が配線の種類によって決まっていて間違いを防ぐ効果もあります。
IMG_5094
カバーを取付して蓄電池本体側は完了です。
IMG_5078
今回、分電盤工事は屋外です。
離れやエコキュートなどがある場合は屋外
であることが多いですが一般的には屋内です。
全負荷型の蓄電池なので停電時にはすべての電気が使用できるように配線を組み替えました。
配線組み換えをしないとエコキュートや離れなどメインブレーカーと別回路になっている場合は全負荷型でも停電時に使用できません。(今回は別回路になっていました)
IMG_5092
モニターは壁付けとなります。
モニターに同梱しているLTEルーターとつなげることでAI機能制御で運用となりますので、AIが学習して最適な運用を自動的に行います。