豊橋市 停電対策を柱に考える太陽光発電+蓄電池

こんにちは 中神です。

九州地方では大雨の影響で河川の氾濫など災害情報が
連日ニュースになっています。
豊橋でも雨の日が続き、週間予報でも晴れマークがなく
梅雨はいつ終わるのかと心配になってきます。
毎年、去年と比べるとひどくなっているような
気もします。
実際に大雨被害に至っては何十年に1度の災害が毎年
繰り返されているのが報道でもよくわかります。

そして梅雨が明ければすぐに台風シーズン到来です。
停電被害がない所でもどこで災害リスクがあるか
わからないのが自然災害です。
自然災害の規模や範囲は大きくなり
全年度を更新していくような感覚です。

停電対策として太陽光発電+蓄電池
を考えてみてはいかがですか。
太陽光発電で買う電気を抑えて余った電気を蓄電池にためて
発電していない夕方や夜間に充てることで電気代削減効果
があります。そこに万が一、停電した時にも電気が使用
できるというオプションのような考えでありました。
しかし、これだけ災害が頻発し停電リスクも高くなっている
のであれば太陽光発電+蓄電池を停電対策メイン
と考えることも選択肢のひとつです。

停電対策を柱と考えるのであれば
①停電した際に家の中でどのような電化製品を
 使用したいか決めましょう。
aaf880f9e9a2c66a37b461a4a0b47a91-e1594193563342
Aプラン

家中まるごと全負荷配線

停電したら自動切替盤が感知して分電盤へ
蓄電池の電気が流れます。
分電盤本体へ蓄電池の電気及び太陽光発電の電気を
流すことができるので100Vの機器やエアコン
などの200Vの機器が使用できます。
普段通り電気が使用できるのがメリットです。

※負荷の大きい電化製品は使用できない場合があります。
※分電盤に繋がっている使用していない機器の待機電力
にも充てられるので気づかないうちになくなってしまう
可能性があります。

Bプラン

専用配線の特定負荷配線

停電したら現在使用している分電盤の
100V回路へ蓄電池及び太陽光発電の
電気が流れます。100V回路は
2つ~3つをあらかじめ選んで
おく必要があります。
決められた回路にしか電気は流れないので
無駄な電気は抑えられます。

※停電時自動では切り替わらないため回路スイッチ
 の切替が必要です。
(モニターは自動で停電モードになるため操作不要)


edcde0e94234dce41c168524d033ea89
Aプラン
家中まるごと全負荷配線

・左側の正方形のボックスが自動切替盤
停電を感知して自動で作動します。
(操作する必要はないです。)

・右側の白い長方形ボックスが分電盤
・真ん中のボックスが太陽光ブレーカー

88edb6d387ced2ec2638664aa9bebbc9
Bプラン

専用配線の特定負荷配線

左側の白いボックスに回路切替スイッチが
入っています。停電時は使用したい回路
切替スイッチを下げることで蓄電池及び
太陽光発電の電気を流します。
※今回は2回路分の切替

停電時、電気が使用できない状況を考えることで本当に必要な
使用するであろう機器を書き出してみましょう。
機器が決まれば太陽光発電+蓄電池の容量を決めます。

次回は停電対策から考える太陽光発電+蓄電池の容量選定について
   更新します。