豊橋市で蓄電池を設置するなら賢いHEMSとコンビで♬

こんにちは 中神です。

2019年の12月は蓄電池設置工事が多くありました。
2019年度は国からの補助金も出ていて工事完了時期が
2019年の12月までということもあって例年より
多かったです。
豊川市の蓄電池の補助金は早くに申込が終わってしまいしたが
豊橋市はまだ申し込みができる状況です。

田原市は2019年度から蓄電池の補助金が始まり
ティージー株式会社では3件の工事を完工しました。

国の2020年度の補助金は、現在未定です。
公募があり次第ブログでご案内いたします。

そもそも国の補助金は災害時に活用可能な蓄電池に対して
交付されます。交付条件のひとつにHEMSの設置が必須です。
災害時、主に停電したときに活躍することが必要です。
太陽光発電と蓄電池があれば雨の日が続いた場合を除けば
繰り返し使用できます。太陽光発電の発電能力次第にもなりますが
日中は多くの電気が使用可能です。日中蓄電池にためた電気で
発電していない夜などは蓄電池からの電気を使用することに
なります。その蓄電池の容量が多ければ多く使用できることから
現在では、容量の多い蓄電池を選ばれる方が多いです。

しかし、いざ停電が起こった時にどんなに大きな蓄電池をつけていても
蓄電池に電気がたまっていなかったらすぐに電気を消費して
なくなってしまいます。
例えば夜、停電が起こった場合10kWhの蓄電池をつけていても
残量が20%の状態で停電すれば2kWhで夜は太陽光発電で
発電していないので2kWh使用してしまえば使用できなくなります。
朝方、もし大雨などで発電がなければせっかく大きな容量の
蓄電池をつけても活躍できず宝の持ち腐れになりかねません。

シャープが販売しているHEMSは、インターネット回線を通じて
天気予報と連動しているので警報が発令した場合、優先的に
蓄電池にためることを自動で行います。そして蓄電池を満タン状態にして
待機させるように指示を出します。
HEMSがなければ蓄電池の電気を満タンにするにはモニターで操作して
充電モードにする手間がいります。

778124c6cadd1323d4b9d49f34f6f67e
左から インターネット回線のモデム、無線ルーター、シャープのHEMS機器です。

HEMS機器は無線ルーターよりも小さくてコンパクトです。
無線ルーターとHEMS機器は有線LANでつなげます。



f36447ea7392f69f782c862a6da95bfc
モニターは無線通信ができますのでモニターと無線ルーター間を
無線通信することでデータをインターネット回線を通じて送ることができます。
無線ルーターとHEMS機器が設置されていればHEMSと連動します。
無料の見守りサービスであるWEBモニタリングサービスも加入できるので
不具合があった場合は修理サービスセンターから連絡が入り修理を行うため
お客様自身の管理の手間が省けます。
蓄電池を設置するなら賢いHEMSとコンビで!