田原市でシャープ8.4kWh蓄電池設置工事をしました♬

こんにちは 中神です。

今年の11月から2009年11月以前に太陽光発電を設置済みの方は
売電単価48円が終了し8円程度になることからこれからは
電気を売るよりも電気をためて自家消費にきりかえることで
経済性メリットがでます。あわせて昨今の自然災害による停電
対策としての蓄電池にもなりお問合せも増えています。

しかし需要が多かったことから納期が大幅にかかっており
やっと工事ができるようになりました。
田原市では自治体からも蓄電池の補助があり国(SII)の補助金を
合わせると約30万円の補助金となります。
納期が遅れると補助対象完了期日に間に合わないのですが
今回は何とか間に合いました。






ca8f484e0b6dbbe37a730dae94c7cbb8
設置前

シャープの蓄電池は、屋内/屋外兼用となっています。
配線の長さが決まっていますがある程度設置場所に
ついては融通がききます。
蓄電池自体に何か音が出たり排熱が出たりという
ことはないので屋内でも設置ができるというわけです。

8bf0a6977c3119a05640dcc16a021d8b
設置後

倉庫内の設置でも大雨の際に外部からの雨水の侵入
が心配ということでコンクリートブロックで高さを
あげています。
左上にあったモニターは発電量のみでした。
蓄電池をつけることでモニターも新しくなるため
居室につけることとしました。以前あったモニターを
とると穴が見えてしまうので通常のコンセントとして
使用できるようにしました。

6ab364ba06338092bec188ef7640bb84
設置前

既存で設置されているパワーコンディショナは
太陽光発電専用のものなので
太陽光発電と蓄電池を両方入力できる
ハイブリットパワーコンディショナにかえます。
355df2c892451ab9890aeb2097c06de8
設置後

ハイブリットパワーコンディショナでは
蓄電池からの配線や、分電盤からの配線が増えるため
配線の数が増えますが、今後も長く使用するために
二重管などで配管をします。
パワーコンディショナは人間でいうと心臓部分になるので防水コネクタなどを使用して防水対策をします。

6f55ce471ccfca2ffb9bb6683d13938e
モニターは居室側に設置をしました。
太陽光発電と蓄電池を1つのモニターで管理することなります。

モードを選べば自動的に働いてくれます。
クリーンモードにして余った電気は優先的に蓄電池にためます。
蓄電池が満タンになれば売電します。夜間の安価な電気でためることも
できます。