9月3日 シャープ名古屋ビルで蓄電池商品提案会

こんにちは 中神です。

今日はシャープの名古屋ビルで蓄電池の商品提案会にいってきました。
2ヶ月に1回程度、提案会や研修があります。現在その中でも多いのが
蓄電池関係です。
売る電気より買う電気が高かったり、48円で売電している方が今年の
11月で満了し7円~8円になってしまことで蓄電池を設置して
家庭の電気は自家消費をして電気を賢く使用できます。
こういったこともあってシャープが予想していた販売数よりも需要が多く、現状
納期がかかってしまうものもあります。

今回の商品提案会の主な商品は全負荷型蓄電池です。
来年1月から順次販売される予定です。
6.5KWhの全負荷型、その容量の2倍の13.0kWhの全負荷型蓄電池です。
他社メーカーでは販売されていますがこれまでシャープでは特定負荷型
のみで全負荷型の蓄電池はありませんでした。

特定負荷型か全負荷型は停電時に蓄電池の電気をどう使えるかということです。
特定負荷型は、停電時あらかじめ決めておいた回路やコンセントに電気を使用できる。
全負荷型は、停電時、分電盤の回路すべて使用できる。

シャープの全負荷型の蓄電池は停電時、自動切換で蓄電池からの電気に切り替わるので
通常と同じように電気を使用できるので安心感があります。皆さん経験があるのではない
でしょうか、どうしても停電となると焦ってしまうことがあると思います。
停電時に何か操作をしなくても電気が使用できることはとても助かると思います。


他にも新商品がありますので、つづきは次回ご紹介します。