特定回路型のシャープ蓄電池で電気を有効活用♬

こんにちは 中神です。

最近では蓄電池のお問合せが多いです。
2019年11月で売電単価48円が終わってしまい8円程度になるため売電する電気を極力蓄電池にためて夕方などの時間帯の電気にあてることで有効活用できたり
災害時などの停電が普段滅多に起きないところが起きることから停電対策に有効です。
さらに国や自治体からも補助金の申請受付もできることもあって需要が格段に上がっています。
メーカーでも想定していた需要より多く生産が間に合わないとのことで納期が大幅に遅れる可能性が高いと予想されています。

シャープの蓄電池は特定回路型です。通常時は特定回路は関係なく太陽光発電で発電した余った電気を今まで通り売電する経済モードと余った電気を優先的に蓄電池へためて容量いっぱいになってそれでも余った電気があれば売電するクリーンモードと主に2種類のモードがあります。
2019年11月で48円の売電が終了する方は、11月までは経済モードで今までどおり売電をして11月以降はモードをクリーンモードにしましょう。
売電が8円になれば買う電気より安いので経済的にもメリットがでます。

特定回路型の蓄電池は停電時に関係してきます。
停電時に使用したい回路を選定することをします。
家全体をバックアップする全負荷型とよばれるものがありますが停電時にIHやエコキュートなどの200Vを使用したい方は全負荷型の蓄電池が適しています。

IMG_9380
住宅用分電盤

停電時に使用したい回路を選びます。
今回は2つです。
台所と居間の回路です。
現在この回路で使用できている照明やコンセントが停電時でも使用できます。
IMG_9369
蓄電池分電盤

2つの回路を個々に専用の切替スイッチをつけます。
この切替スイッチは台所と居間の回路につながっているので停電時は、切替スイッチを下げることで蓄電池にたまった電気を使用できます。太陽光で発電があればその電気も使用できるので停電時の日中は使用できる電気のが多くなります。
IMG_9385
停電時は表示モニター自体の操作は不要で自動的に停電モードに切り替わります。
蓄電池分電盤の切替スイッチを下げることは必要になります。