蓄電池の需要が高まっています♬

こんにちは 中神です。

最近、蓄電池についてCMでも流れるようになりました。
そして太陽光発電のCMは少なくなっています。

蓄電池が注目されているのは、昨今の異常気象、地震災害などによる
停電でも電気が使用できるようになること。
そして太陽光発電で電気を売る時代から、自家消費する時代へと
シフトする転換期を迎えていること。
太陽光発電は、電気を生み出す、創ることのできる再生可能なエネルギーです。
再生可能なエネルギーを増やすことは政府の目標であるとともに、世界でも
同じ考えです。
国の政策で再生可能エネルギーを増やすために各住宅に太陽光発電を導入
してもらうために、2009年11月から買う電気より売る電気を高めに設定し
2年間は売電単価48円にして国からも補助金を出すことで
太陽光発電の設置が増えました。
そして売電単価は設置年度でかわりますが、10年間固定でスタートしました。
2009年11月以前に設置した方も2009年11月から10年間固定買取が
スタートしました。
今年、2019年11月でちょうど10年間になり固定買取が終わってしまう
という方が53万世帯と数多くの世帯が終了してしまいます。
10年後の買取は0とういことはないですが中部電力管轄では
8円程度になります。8円というと買う電気の単価がオール電化の方であれば
夜間が一番安価ですが13円程度なので売る電気より買う電気のほうが圧倒的に
安くなってしまいます。日中の電気はもっと高い単価です。
それであれば売るよりも余った電気は蓄電池にためて高い単価の時間帯に
使用すことで、効率よく活用できます。
今年度では国か補助金を出すこともありメーカーも受注が多く、
品薄になることが予想されます。
蓄電池の需要が今よりもより一層、高まると予想されていますので
いざ設置しようとしてもものがないという状況も考えられます。
検討はお早めに♬