太陽光ハンファQセルズの紹介♬

こんにちは 中神です。

本日、ハンファQセルズのメーカー営業担当と打ち合わせをしましたので
ハンファQセルズについてのご紹介します。
ハンファQセルズというよりもQセルズといったほうがピンと
きやすいかもしれません。
株式会社富士経済『2018年度版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来の展望』の
2017年度実績調べで 太陽電池国内総出荷量第1位となっています。
ドイツ品質とういこともあり外資系メーカーでも
品質、耐久性、出力安定技術には国産のものに
ひけをとらない定評があります。このことは太陽光発電システムを
長く使用でき、且つ発電量は維持することをコンセプトにしているから
こそです。その点考え方は日本的です。
発電レベルでいえばオーストラリア中央部のアリススプリング砂漠において
DKASCが太陽電池モジュールの実発電量テストを実施しました。
国内メーカーを含む29社が参加しこの中で1位の実発電量を記録しています。
砂漠下の環境では日中は暑く、夜は極端に冷え寒暖の差が激しいところでの
テストです。-7℃~45の環境の中で実発電量トップは日本の環境下でも
しっかりと発電できることの証明にもなります。
Qセルズは、日本国内においても太陽光トップクラスです。
Qセルズの日本国内における太陽電池モジュールの累計出荷量は、
2011年の事業スタートから6年で3.5GWを突破し
住宅用太陽光発電システムの累計設置30000棟です。
(2017年末現在)

保証体系は、15年の機器保証が無償で自然災害補償は10年(有償)です。
国内メーカーと変わらない保証内容となっています。
その中で一番ネックになるのが保証体系はいいがアフターサービス網が
しっりしているかどうかです。サポート体制が万全でなければ
保証があっても何の意味もありません。
現在では、本社と全国5カ所に営業所を構えて全国450カ所の
サービスネットワークを構築して万が一のトラブルの場合でも
迅速に対応できるよう整っています。
太陽光発電を選ぶ際には、保証体系とサービス拠点の充実さも
選ぶポイントになります。太陽光発電は設置してから長くお使い
いただくものです。