豊川市にお住まいの方へ 電気メーターの疑問 

こんにちは 中神です。

昨日、豊川市で太陽光発電のパワーコンディショナ機器交換の
現地調査をしました。
現地で打合せをしている中でお客様から
『太陽光の売電用のメーターはないの』と質問がございました。
答えは、スマートメーターに変わっている場合は買う電気も売る電気も
1つのスマートメーターで計量することができます。

2015年以前のお客様は太陽光発電システムを設置した場合
既存の買電メーターの横に売電メーターを設置していました。
私たち販売店からすると屋根上をみなくてもメーターをみれば
太陽光発電を設置しているかどうかわかりました。
2015年以前の方でスマートメーターの交換作業が完了しているお宅は
2つあるうちの1つは空きのメーターボックスになっています。

電力自由化になったため電力会社が順次スマートメーターに切り替え工事を
行っています。現在、新築住宅の方は、最初からスマートメーターなので
交換作業はないですがスマートメーターではない既存の買電電気メーターを
交換作業しています。
まだ、地域によっては交換されていないところもあります。
2023年までには、全区域がスマートメーターになる予定です。

電力自由化なので例えば、中部電力からではなくて別の電力会社から
電気を買うことになれば、スマートメーターが必須なので
スマートメーターに交換します。
交換作業は費用はかかりません。

スマートメーターになれば無線通信となるため検針員が現地へ
行って数値をチェックすることもなくなります。