豊橋市の設置後2年の太陽光発電 鳥被害現場レポート

こんにちは 中神です。

豊橋市で鳥被害にお悩みのお客様宅で
太陽光発電の鳥対策工事をしました。
アルミ複合樹脂パネルで隙間を覆って対策をします。
屋根と太陽光パネルの隙間にハトがたびたび入っていて
状況が目視ではわかりませんでした。
太陽光パネルの設置段数もあり被害状況がわからないため
その前に太陽光パネルを外してみて状況を確認してからの
対応をしました。


IMG_0865
築2年ほどですが屋根材はカラーベストで
屋根と太陽光パネルには隙間があるので
そこからハトが入ってしまって被害にあっていました。
太陽光パネルがのっている状態での目視では
ここまで被害があると断定できないのが現状です。
IMG_0863
特にひどかった部分はいずれも屋根上の中心部、中央部です。太陽光パネルの下にハトが巣をつくるところは天敵から身を守るようにして目視では確認できないところに
作っているケースがあります。

IMG_0681
被害にあっているのに通常、見た目では太陽光パネル表面に鳥の糞などの汚れなどはないケースがほとんどです。
太陽光パネルの側面の隙間から鳥が侵入するケース
が多いので屋根側面に鳥のふんが付着していると
鳥が侵入していると予測できます。
IMG_4134
ハトが多い地域では太陽光パネルをを外してみると鳥が持ってき枝やふんなどが隠れています。
太陽光パネルの枚数が多い場合、太陽光パネルを外して
確認します。


IMG_4153
屋根上に溜まった鳥のふんや枝を撤去します。
今回は土のう袋が2袋分の撤去物が出ました。

IMG_4169
撤去完了後、太陽光パネルの復旧作業をします。
IMG_0682
カラーベストの屋根であると
屋根材と太陽光パネルの隙間は
3センチ~5センチ程度です。
小さな鳥であれば容易に侵入できる隙間です。
IMG_0881
軒先側からの鳥の侵入を防ぐため、この隙間もアルミ複合樹脂パネルで隙間を取付ます。軒先の化粧カバーにビス打ちをして
固定します。

IMG_0879
太陽光パネルの側面もアルミ複合樹脂パネルを取付ます。
太陽光パネルは四方がアルミのフレームでできているので
アルミフレームにビス打ちをして固定します。
IMG_0878
棟側も複合樹脂パネルを取付ます。太陽光メーカーによって化粧カバーの有無があります。今回は化粧カバー無しのタイプなので横レールにビス打ちをして固定します。
軒先、側面、棟側の隙間をなくすことで鳥が侵入できない
と思わせる環境をつくります。侵入できないと認識させる
ことが必要です。