豊川市の皆様 太陽光発電で電気代削減の試算をしてみませんか♬

こんにちは 中神です。

豊川市にお住いの皆様へ

2020年も2月が終わろうとしています。
2020年4月からは新たな年度がスタートし
太陽光発電業界は少し変化がみられます。

野立てといわれる地上設置型の太陽光発電システムは
発電した電気をすべて売る全量売電できていましたが
低圧といわれる申請や設置形態が安易のため設置件数が多かったのですが
2020年度の申請から自家消費を前提としたものでないと設置できなくなります。

住宅での設置形態が多い太陽光発電(10kW未満)については今まで通り
発電した電気は家庭内で使用している電気にあてられ余った電気を売るシステムです。
2020年度においては余った電気は21円/kWh 国が10年間固定で買取をしてくれます。
オール電化の場合使用頻度の多いホームタイムでの電気価格が約25円なので
売る電気よりも買う電気のほうが4円も高いのです。

買う電気よりも売る電気のほうが高ければ太陽光発電は屋根にのせられるだけ
のせて余った電気を増やしてメリットを出せました。
現在、太陽光発電のメリットを最大限出すためには、家庭での消費に合わせて
太陽光の容量を設計かつイニシャルコストを抑えるための設計が必要になります。
そして太陽光発電は発電自体をコントロールできないです。その際に
どうしても発電の多いときは電気は余ってしまいます。
その時には電気を売ることができる受け皿があることは助かります。


豊川市の皆様へ 
毎月電気代を10000円以上お支払いの方は、
太陽光発電の費用対効果で
電気代削減効果のメリットを出せる可能性が高いです。
太陽光発電は電気をつくることができ、電気代を削減できるものです。
電気の使用明細書を見せていただければ太陽光発電の効果が
発揮できるか試算できますので一度試算してみませんか。
時間帯別で電気価格の単価も違うため少し生活スタイルを
変えるだけでも電気代を削減できることも多いです。


太陽光発電で電気代削減効果試算の受付は、

お電話またはメールで承ります。(もちろん無料です♬)

お電話の場合⇒ フリーダイヤル 0120-200-207  

メールの場合⇒ info@tg-ltd.co.jp

担当:中神まで