豊橋市、豊川市の皆様へ 2020年度の太陽光発電売電単価

こんにちは 中神です。

豊橋市、豊川市の皆様へ

2020年度の太陽光発電の売電単価がおおかた決まってきました。
毎年この時期に目安となるものが発表になります。
ほぼこの案でいくと思いますのでご紹介します。

売電はもう終わったんじゃないかと言われることが
ありますが今年度もあります。

主に
①10kW未満と②10kW以上~50kW未満で区別されます。

①住宅の屋根に設置する場合が10kW未満です。

売電単価 1kWh/21円(税込) 10年間固定

②事業所などの屋根に設置する場合や
 屋根の大きな住宅に設置する場合が10kW以上~50kW未満です。

売電単価 1kWh/13円(税別) 20年間固定
※条件は自家消費率50%以上にすること(30%になる可能性もあります)


太陽光発電はシステム上、発電した電気は使用している電気に充てられ(自家消費)
余った電気は売ることになります。蓄電池を併設して余った電気を蓄電池に貯めて
満タンになってしまえば余った電気が発生し電気を売ることになります。
太陽光発電は季節ごとの自然の陽の光によって発電量が変わります。
どうしても発電が多いときは電気は余る比率が上がるので
自家消費しきれなかった電気は売電収入となります。

現在の日中の電気代価格が25円程度となるので自家消費率を高めることが
太陽光発電のメリットが高まります。どうしても発電が多いときもあれば
少ないときもあり、多いときは電気を売れます。
2020年度は現在の電気代と合わせて電気の使用時間、生活スタイルがわかると
自家消費率を高めるシステムのご提案ができお客様にとってもメリットが出ます。