太陽光パワーコンディショナは力率0.95で動いています。

こんにちは 中神です。

現在、家庭用などの低圧太陽光発電を設置し運転する際には電力会社から
太陽光パワーコンディショナの力率を0.95にすることが求められてます。
2018年6月ごろからの措置です。
私たちが主な商圏である東三河地域の豊橋市が多いですが
管轄は中部電力です。管轄の電力会社は関係なく
力率は0.95で運用することが義務となっています。

そのこともあってメーカー出荷時に力率を0.95にした状態で納入されることが多く、
私たち販売店では操作はできないのです。
一般的なパワーコンディショナは5.5kWですので力率0.95で運用した場合
単純計算で5.22kWが最大値となります。
もったいないとは思いますが決められたルールになっています。
info_20180619_img

ティージー株式会社では主にシャープとネクストエナジーアンドリソースで直接取引をしております。

その中で

例えばネクストエナジーアンドリソースのパワーコンディショナでは

SPSS-55D-NXの場合

力率0.95時の出力が5.5kWのタイプも販売されています。

全量買取案件で9台つける場合が多いので少しでも発電を向上したい場合などは

少しの差でも9台分となれば大きくなります。