新城市 地上設置太陽光発電システム工事 電気工事つづき

こんにちは 中神です。

新城市 地上設置太陽光発電システムの工事の電気工事
をしていますので前回の続きの模様をお届けします。
IMG_1413
太陽光発電で発電した電気を電力会社側へ送るための
引込線の工事風景です。
電柱を建てるのは電力会社ですが
引込線をつなげる工事は太陽光の電気工事となります。
電柱に上っての作業となるので安全作業が第一です。

IMG_1368
太陽光パネルを7枚~8枚まとめたものを
この直流ケーブルをパワーコンディショナに入力します。
太陽光パネルからパワーコンディショナの距離によって
長さが違うためどのパワーコンディショナに入力するか番号記入します。
IMG_1401
直流ケーブルは太陽光パネルにつなげるところに
固定をして埋設配管したところにまとめて置き
後から埋設した配管に通します。


IMG_1422
パワーコンディショナを設置する場所を決めて
取付していきます。
パワーコンディショナからの排熱があるので
パワーコンディショナ同士の間隔を一定距離
あけます。今回は30センチあけました。
規定は20センチ以上です。
IMG_1432
パワーコンディショナを取付完了。
この場所を起点として太陽光パネルの直流
ケーブルをここまでもっていきます。
電柱近辺に設置した交流集合盤(家庭でいう分電盤)
からパワーコンディショナまで電源をもっていきます。
発電の肝となる配線はパワーコンディショナに入力
するため太陽光発電でパワーコンディショナは心臓部分と
言われています。
パワーコンディショナが止まってしまえば発電も0です。