感震ブレーカーで電気火災対策♬

こんにちは 中神です。

本日、愛知県電気保安協会講習にいってきました。
主に電気工事をしている事業者が対象で講習者は
ほとんどが電気屋さんです。

ティージー株式会社も電気屋さんではないですが
太陽光発電を工事をしていますので電気屋さんと
同じ講習を受けます。

感電災害の事例を交えながらの安全講習です。
電気は小規模でも感電すれば死亡事故にかかわります。
電気の大きい小さいにとらわれず、ルール通りに
作業することが感電を防ぐ唯一の方法です。
そこで感震ブレーカーについての案内がありましたので
ご紹介します。

感電のほかに電気は火災の原因にもなります。
家庭の場合は毎日電気を使用して生活をしています。
地震による火災の過半数は電気が原因とされています。
データとして東日本大震災では発生した火災の原因の54%は
電気関係の出火で地震揺れに伴う電気機器からの
出火や停電が復旧したときの通電火災でした。

この火災を防ぐ方法として感震ブレーカーがあります。
地震の揺れが起こった際はブレーカーを遮断することで
電気火災を防止できます。そのことから
電力会社、消防庁や経済産業省では積極的に案内をし私たち販売店が
お客様へ案内をしています。

感震ブレーカーのタイプ

①分電盤タイプ 主に新築や分電盤を取り換える場合(費用約5~8万円)
②分電盤タイプ後付型 分電盤の横に設置(費用約2万円)
③簡易タイプ ばねの作動や重りの落下でブレーカーを切る(費用約2~4千円)
※①、②は電気工事が必要、③はホームセンターなどで購入可能(電気工事不要)

地震による火災防止対策として感震ブレーカーは選択肢のひとつです。