太陽光 買取制度及び申請期限について

こんにちは 中神です。

8月6日付の日経新聞の記事で太陽光や風力発電の電力買取
が2020年の新規申請から買取制をおこなわない新制度に
する中間整理案が出ています。
今後正確には、詳細を煮詰めていくとのことです。
まずは大規模な太陽光発電や風力発電に対して買取制を変えていきますが
どこまでが大規模なのかどうかは決まっていませんので
議論の詳細の動向をしっかりと把握していきます。

2019年度の事業用の買取単価は14円(税別)/kWh、20年間
このことは変更はありませんので間違えないようにしましょう。
現在の買取制をやめる予定なのは2020年からですので
今年度はまだ買取制度があります。
事業認定という国の認定を受けて認定日から3年以内に運転開始で
2019年度の単価が適用されます。
国が固定で買取をする制度のラストイヤーとなるであろうと思いますので
太陽光発電を検討されている方は早めの申請をしましょう。

太陽光発電などの申請期限は早めに設定されているため今年度といっても
あまり時間がありません。
国の固定買取の申請をするためには、電力会社の申請をして
接続許可を得ていないといけません。

例えば 低圧 地上設置の太陽光発電の場合

9月1日に 電力会社へ申請(状況によって異なりますが2ヶ月程度)
11月1日 電力会社接続許可
11月10日 書類をまとめて国へ事業認定申請

スムーズにいくとこのような流れです。

では、国の申請期限はというと

12月20日までとなります。(10kW未満の住宅用は2020年1月10日)

電力会社の申請が遅れればそれだけ遅れることになり
設置する発電システムや周りの状況によって検討時間が異なるため
電力会社の申請が遅れたために期限までに国へ事業認定申請ができない
ことも考えられます。
今年度の単価で太陽光発電を計画されている方は早めの申請をしましょう。