太陽光売電契約終了後新たな買取スタート

こんにちは 中神です。

2019年10月31日で太陽光発電の売電契約終了します。
と言っても設置している方すべてが対象でなく2009年11月1日
以前に設置済みの方が対象です。
全国で54万世帯になります。
そもそも2009年11月1日以前は売電単価は24円でした。
買う電気と売る電気は同じくらいです。
再生可能エネルギーの後押しをするため
2009年11月1日からFIT(フィードインタリフ)とよばれる
倍額固定買取制度が始まりました。国からの補助金もあり
設置数も増えました。その買取制度が10年固定です。
48円は買う電気の約2倍という高額の単価のためずっと
そうであって欲しいですが最初から10年間固定だったのです。
その10年が2019年10月31日で終わります。
終わるという表現があまりよくないかもしれません。
正確には10年間の特別契約が満了です。
2019年からは新たな買取が始まりスタート時の単価も発表になりました。

買取先はお客様自身で選ぶことができます。いくつか買取契約先がございますが
まずは中部電力のプランの紹介です。主に3つご紹介。
①8円で買い取ってもらって翌月の電気代に相殺
例 )現在12000円の売電収入がある場合
 2019年11月1日からは2000円が翌月の電気代に相殺
②7円で買い取ってもらって売電収入として受け取る。
例)現在12000円の売電収入がある場合
 2019年11月1日からは1750円売電収入となる。
 ※しかし半年に1回まとめて支払われるので注意。

③7円で買い取ってもらって翌月の電気代に相殺+WAONポイント2ポイント(2円相当)
例 )現在12000円の売電収入がある場合
 2019年11月1日からは1750円が翌月の電気代に相殺
 イオンカードの犬マークWAONポイント 500ポイント

総評  
イオンカードの所有率が高いので、持っている方は多いと思います。
そこで私もですがWAONポイントはあまり気にしたことがなかったので
そもそもどうやってポイントをためるのか、たまるのかわからないです。
売電しているだけでたまってくれるならいいですね。
これを機会に③のプランにして少しでもお得なプランがよいのではないですか。