東三河地域で売電契約満了する世帯数について♬

こんにちは 中神です。

国が発表している2019年~2023年
に太陽光発電の売電契約(固定買取制度の10年)が満了する世帯数です。
(認定許可されているものから計算した世帯数)
今回は、東三河地域における世帯数についてです。

【東三河地域】
豊橋市で7000世帯~8000世帯
豊川市で3000世帯~4000世帯
蒲郡市で1000世帯~2000世帯
新城市で500世帯~1000世帯
田原市で1000世帯~2000世帯

東三河だけでみても12500世帯以上が
この5年間で売電契約が満了します。
特に愛知県は太陽光発電システムの設置件数が多いので
対象になる方も他県に比べて多いです。

2019年11月で満了する方については電力会社から
売電契約が満了するという案内が届いていると思います。
11月以降、電気をどこに売電するかどうか、また電力会社であれば
どのプランにするのか決める必要があります。
資源エネルギー庁のホームページ上で確認できますが
現状で売電できる事業者一覧が掲載されています。
その中で愛知県で売電できる事業者は
①中部電力㈱
②昭和シェル㈱
③㈱スマートテック

この3つの会社から設置者が選択することになります。
それぞれ特徴があり、契約内容も異なります。
売電単価48円の売電契約が満了しても48円から8円程度になりますが電気を
売れないということはありません。
大切な売電できる電気なのでしっかりと吟味して決めましょう。