太陽光発電ブログ

ソーラー充電スタンドのCITY CHARGEのご紹介

2019年7月18日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは、スタッフの兵動ですm(__)m

今回紹介するのは、
シャープ製の『CITY CHARGE』というもので
こちらの商品は手軽に設置しやすく、移動が可能なソーラー充電スタンドです

CITYCHARGEイメージ写真
上の写真が充電スタンドになります

この商品の特徴として
充電サービス+広告・広報表示を1台で行えるものです

写真で見てわかるかと思いますが、
一面を発電面もう一面を掲示板面になっており
主な使い方として、観光スポットや防災拠点にて
案内マップや避難場所の指示が出来ます

そして、この商品の特徴として太陽光発電だけでなく
蓄電池を搭載しているので、日没時や曇天時にも使用することが出来ます
※蓄電容量は満充電状態から120台分の充電(1台5分として)
CITY CHARGEについて少しでも知っていただけたでしょうか?
これかこのような充電スタンドの需要が
非常に高くなっていくかと思いますので

ブログ内で定期的に取り上げていきたいと思います
それでは、また

蓄電池の需要が高まっています♬

2019年7月18日|カテゴリー「蓄電池トピック
こんにちは 中神です。

最近、蓄電池についてCMでも流れるようになりました。
そして太陽光発電のCMは少なくなっています。

蓄電池が注目されているのは、昨今の異常気象、地震災害などによる
停電でも電気が使用できるようになること。
そして太陽光発電で電気を売る時代から、自家消費する時代へと
シフトする転換期を迎えていること。
太陽光発電は、電気を生み出す、創ることのできる再生可能なエネルギーです。
再生可能なエネルギーを増やすことは政府の目標であるとともに、世界でも
同じ考えです。
国の政策で再生可能エネルギーを増やすために各住宅に太陽光発電を導入
してもらうために、2009年11月から買う電気より売る電気を高めに設定し
2年間は売電単価48円にして国からも補助金を出すことで
太陽光発電の設置が増えました。
そして売電単価は設置年度でかわりますが、10年間固定でスタートしました。
2009年11月以前に設置した方も2009年11月から10年間固定買取が
スタートしました。
今年、2019年11月でちょうど10年間になり固定買取が終わってしまう
という方が53万世帯と数多くの世帯が終了してしまいます。
10年後の買取は0とういことはないですが中部電力管轄では
8円程度になります。8円というと買う電気の単価がオール電化の方であれば
夜間が一番安価ですが13円程度なので売る電気より買う電気のほうが圧倒的に
安くなってしまいます。日中の電気はもっと高い単価です。
それであれば売るよりも余った電気は蓄電池にためて高い単価の時間帯に
使用すことで、効率よく活用できます。
今年度では国か補助金を出すこともありメーカーも受注が多く、
品薄になることが予想されます。
蓄電池の需要が今よりもより一層、高まると予想されていますので
いざ設置しようとしてもものがないという状況も考えられます。
検討はお早めに♬





新城市 地上設置の太陽光 架台工事編♬

2019年7月17日|カテゴリー「太陽光トピック
こんにちは 中神です。

新城市で地上設置の太陽光発電システムの架台を取付しました。
先日はスクリュー杭の基礎工事を行いましたが引き続き
架台の取付をスタートしていました。
組み立て、設置は、ティージーの職人で行うため
6人での作業となりました。
IMG_0483
土地の形状が正方形でないため土地の形状に合わせて
最大枚数構成できるよう設計しました。

現在、太陽光事業を行う上で架台はJIS規格のものを使用しないといけない
というルールがあり長岡金属工業のものを採用しています。
オリジナルで組み合わせた単管パイプなどは強度計算ができないため
使用することはできないのです。



IMG_0491
時間はかかりましたが本日で架台設置が完了しました。
残りは、配線作業、太陽光パネル設置、同時並行で
電気工事を行っていきます。
引き続きブログでアップしていきます。

蓄電池の全負荷型・特定負荷型の違いとメリット

2019年7月17日|カテゴリー「蓄電池トピック
こんにちは、スタッフの兵動ですm(__)m

皆さんは、蓄電池の導入をする際に
『全負荷型』と『特定負荷型』の2種類について聞いたことあるかと思います
聞いたことがなければここで少しでも知ってもらえるとうれしいです

それでは、『全負荷型』と『特定負荷型』について解説していきたいと思います

蓄電池選ぶ注意点と比較点
全負荷型
停電時などのもしもの場合、家中の電気をすべて使用することが出来る
そのため、蓄電池の設置時に使える場所を選定する必要がない
エコキュート・IH・エアコンまで使用できるタイプもある
※機材によって動かないものもある

特定負荷型
蓄電池設置時に分電盤の中から複数回路を選び
蓄電池使用時に特定の場所が使えるようにしてある

これが、各負荷型の解説になります
各メリットとしては、
『全負荷型』は、基本的に蓄電容量が多いものが多いのでいざという時に多く使えます
そして、200vまで使えるので様々なものを動かせます

『特定負荷型』は、容量が小さいものが多いが各メーカーから出ているので
選択肢が多いのと、蓄電池の多くが『特定負荷型』であることです

メリットだけを見ると『全負荷型』がいいですが
やはり、様々に使用できるということは本体の価格が高くなっていきます

以上が各負荷の解説になります
簡単な解説しかしていませんがわかっていただけたらうれしいと思います

HEMS(ヘムス)って知っていますか?

2019年7月16日|カテゴリー「蓄電池トピック
こんにちは、スタッフの兵動ですm(__)m

皆さんは、HEMS(ヘムス)という言葉を聞いたことはありますか?
太陽光発電を検討している方や、既にHEMS(ヘムス)を使っている方は
聞いたことはあるとか、実際に使っているよなんて聞きます
やはり、知らない人のが多いので簡単に解説していきたいと思います
住宅内ネットワーク
まず、HEMS(ヘムス)って何?ってなるかと思います

HEMS(ヘムス)とは、
Home Energy Management Service(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)』
これの頭文字を取ったものになります

このシステムを要約すると、家庭内の電気を『見える化』して
自分たちでエネルギーを管理するものです

政府は2030年までにすべての住宅に導入することを目指しています
さて、このHEMS(ヘムス)をなぜ導入すると良いかですが

1、エネルギーの見える化
電気代の無駄や使い方の傾向を数値することで節電計画が立てやすくなります

2、エネルギーの一元管理
HEMSを起点に家の中で使っている電気機器を一つのネットワークにつなげることで
外出先やお手元のスマートフォンなどから遠隔操作が可能になります

※HEMSに対応した家電を使用した場合のみ

以上のようにHEMS自体は非常に便利なものだが
認知が少ないことが問題としてあげられるので今回で少しわかってもらえたなら嬉しいです

それでは、また

scroll-to-top